事務所移転時や店舗改装に伴う不用品の処分をいたします。

オフィス・工場・倉庫・店舗・テナントなどの片付けや、不用品撤去・移転・縮小・閉店などにより不要となった、
オフィス家具・工場倉庫等の設備品・什器・古紙・書類・各種産業廃棄物の収集、処分を承っております。
image弊社では、廃棄物になるものと資源物になるものを、出来る限り区別して回収しております。
これにより基本的に資源物には処理費がかからず、
コストダウンを図ることが可能になります。
また、資源物はリサイクル・リユースしてごみを減らすことで、
SDGsの12番の目標「つくる責任・つかう責任」の取り組みに貢献いたします。

当社の3つの強み

1.物流の合理化によるコストダウン・CO2排出量軽減
藤川紙業は長年営んできたリサイクル事業を活かし、様々な産業廃棄物に対応するべく業者ネットワークを構築しております。
案件によって自社、或いは協力会社のルート回収など適切な車両をご案内いたします。
また、排出場所からなるべく近隣の処理場をご紹介することで物流合理化のご提案が可能です。
2.リユース、資源物、産業廃棄物の分別による処理費軽減
例えばオフィスから出る書類などの古紙はもちろん、スチール製オフィス家具(机・ロッカー等)は原則処分費用を頂きません。
また、オフィス家具の状態によってはリユース市場への流通も可能となり、一層のコストダウンが可能です。
※金属以外の付属物がある場合、ものによっては処理費がかかり産業廃棄物になる可能性がございます。
3.処理困難物の対応・廃棄物の減容化
電池付き商品などの廃棄は少量であれば問題にならないケースがありますが、大量となると処理にお困りではないでしょうか。
弊社では商品の解体・剥離などの流通加工のご提案も可能です。
これにより処理困難物を適切に処理場へ搬入することが出来るようになります。
また、廃棄物の減容化(容積・重量を少なくする)になり、SDGsへの貢献につながります。
事業所の片付け・不用品処分に関する相談窓口
メール・電話・FAXでのお問い合わせ
本社 営業部
hanbai@fujikawa-shigyo.co.jp
電話番号:03-3807-9347
FAX :03-3807-9340
LINE公式アカウントからのお問い合わせ
LINEからのお問い合わせも可能です。

ID:228keior
友だち追加